毒母と私と子供達、時々アスペ夫

アスペ夫との日常をブログに書いてストレスを発散しようかなと…笑

最近、気づいたこと

自分の母親が「毒母」「モラハラ母」でした







自分は精神的虐待を受けて育ったことを大人になってから最近気づきました





知らず知らずに私も次男に対して毒母だったことに気づきました






子供の気持ちに寄り添う事、共感する事は大事だなとあらためて思います






私にはこれが足りなかったかなと






自分の子供時代、母との記憶が全くなく私自身、母親ってどうしたらいいんだろうと子供の接し方がわからず、受け止めてあげられなくて、マナーやルールは教えてあげられても心を育ててあげられてなかったかなと反省です。






本当の気持ちを言えなかった幼少期、

いつしか自分の気持ちに蓋をするようになり、感情があまりなかったかもしれません。





子供の頃の自分と母親になってからの自分を振り返えってみて、母親と子供の関わりって子供の人格形成でとても大切なんだなと感じます





アスペルガー夫とのブログだったのがこれからはモラハラ母と私と次男のブログになりそうです。





唯一、本音を吐ける場所がこのブログで…色々ご意見はあるかと思いますが、見守っていただけたらと思います。





いつもブログを読んでいただきありがとうございますm(._.)m